守備的サイドバックの動き

サイドバックとセンターバックの連動

サイドバックの動き方は基本的にはディフェンスの一人と言うことを考えて、守備的にやるのが一般的です。1対1の場面になることは良くあることですが、この際に絶対に抜かれない様にしなくてはなりません。

 

サイドバックの動き方一つで戦況がガラっと変わり、ピンチを招いてしまうことはよくあります。攻撃参加をするのは楽しいですが、ディフェンダーという事を忘れずに守備的に行きましょう。

 

1対1で抜かれないのが必須と書きましたが、その他にも守備的なサイドバックの動き方はあります。それがセンターバックのカバーです。サイドの選手と真ん中の選手がカバーし合うことでピンチを防ぎます。

 

例えば真ん中の選手が相手選手にドリブルで抜かされても、サイドバックの選手がカバーすれば良いのです。センターバックが相手フォワードを追ってサイドに流れるという場面は、結構あるのでカバーすることは大切です。これはいわゆる「ズレる動き」と呼ばれていて、ディフェンスの基本の一つになります。

気をつけるべき守備的サイドバックの動き方

守備的サイドバックの動き方として抑えておきたいポイントは、無駄に上がらないことです。オーバーラップを仕掛ける事は大変有効ですが、あくまで守備的であることを忘れてはなりません。

 

サイドバックの動き方は攻めよりも守りを重視しているので、プロレベルでない限り攻め上がる事はないです。プロの選手を見ていると果敢にオーバーラップして、クロスを上げてアシストするというイメージがありますよね。しかし、そこまで出来る選手というのはごくまれですのでまずは守備的に行きましょう。

 

守備をするときのサイドバックの動き方は、センターバックと中盤の選手との距離感を取る事も非常に重要です。トライアングルのような三角形の形を保つように動くと、ピンチを減らせるので参考にしましょう。

 

ピンチの時は体を張って止めるのがサイドバックの基本です。時にはファウルを覚悟で止めます。本当は反則はしてはいけない行為ですが、サッカーにおいては戦術の一つとも言えます。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。