サイドバックの動き方

サイドバックのオフザボールの動き方

サッカーのサイドバックは動き方が簡単のように見えてなかなか難しいことでも知られています。間合いが味方選手と開きすぎてしまうと、相手へチャンスを与えることになるので要注意です。常に味方選手の動きを見ながら、スペースを埋めて相手をマークするように動くとよいでしょう。

 

サイドバックの動き方の特徴として、オフザボールの動きがあります。オフザボールとは名前のごとく、ボールを持っていない時の動きですが最も重要だという人もいます。

 

基本的には相手のサイドの選手をマークしながら、その選手がボールを持ったときに対応します。相手のサイドがボールを持っていないときには、視界から離さないようにするのがポイントです。この視界の動き方一つでもサッカーの上手い下手が変わってくるので意識すると良いでしょう。

 

オフザボールの時の動き方は縦に動くことが多く、体力消耗も激しいのが特徴です。サッカーではサイドバックの体力が試合を決めるといっても過言ではないくらい大変なポジションなのです。

サイドバックの守り方と動き方

サイドバックは守りのサッカーにおいて特に欠かせない存在で、その動き方も様々です。守りを重視するときは相手にパスを出させない事と、センタリングを上げさせないことが重要です。

 

センタリングの前に相手がフェイントをかけてくる事も多いので、引っかからないようによく見ることです。相手がボールを上げる時に、キックモーションが見えたら自分も足を出してブロックするのが良いでしょう。

 

サイドバックの動き方としてもう一つの特徴は、反対のサイドにボールがある時には内に寄る事です。サッカーで、反対サイドにボールがあるときはこちら側にパスが来ることはほとんどありません。サイドバックより前に居る選手であれば、サイドチェンジなどあるでしょうが後ろではほとんど来ません。

 

その場合は、マークしている相手の動き方をよく見て、間合いを広めに取ったほうが楽です。近すぎると視野が狭くなってしまうためですね。サイドバックを理解してサッカーを楽しみましょう。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。