ボランチの練習

ボランチの練習は一日してならず

サッカーのポジションで最も大切な役割と言われるボランチですが、練習量も他のポジションより多いです。動き方は人それぞれですが、基本的な動きは同じですので基本の練習は皆同じと言うことになります。

 

ボランチに求められるのは運動量と、基礎能力そして視野の広さです。まずは走りこみから始めるとよいでしょう。そして、次は基本の練習ですがまずは足元にピタっとボールを止める能力が必要になってきます。

 

プロの選手のボランチの動き方を見ていても分かりますがボールを受けたら、綺麗に止めてパスコースを探し上手く捌いていますよね?これを参考にするとよいでしょう。

 

ボールを止める練習がある程度出来るようになったら、パスを受けたときに首を振るようにしましょう。こうすることで視野の広さを確保する習慣をつけることができます。元日本代表の中田英寿選手は、ボールを受ける寸前に周りを見回して、常にパスコースを探っていたことでも有名です。

 

一朝一夕にはボランチの動き方は理解出来ないですが、練習して上手くなれるように頑張りましょう。

ボランチの持っている長所を伸ばす

ボランチの練習方法はその選手のタイプによっても変わってきます。ドリブルが得意な選手、パスが得意な選手、シュートが得意な選手などボランチにも多種多様な動き方があります。

 

例えばパスが得意なサッカー選手であれば、パスを磨くと同時に自分に足りない部分を探します。
パスに加えて何が必要なのか考えながら練習をするとボランチとして一段階上にいけるでしょう。

 

基礎的な練習としてやっておきたいのは何と言ってもトラップです。ボランチは運動量に加え、ボールを触る回数も全ポジションの中でずば抜けて多いのでトラップの機会も必然的に増えます。

 

そこでトラップの練習が必要なのですが、相手がいる場合はボールを蹴ってもらってトラップすると良いです。
相手がいなくとも壁パスなどで、跳ね返ってきたボールを止めるだけでも十分上手になれます。

 

ボランチは難しいポジションですので、プロの動画などをみて動き方を参考にするのもよいでしょう。
プロの行動は本当に理にかなっているのでテクニックだけでなく、動き方、パスの出し方なども参考になります。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。