攻撃的ボランチの動き

攻撃的ボランチはシュートが大切

攻撃的なサッカー戦術を取っているチームではフォワードはもちろん中盤の選手にも、積極的な攻撃参加が求められます。プロの試合を見るとボランチの動き方が重要になってくるのがわかります。

 

攻撃的なボランチの動き方というのは、トップ下のようにパスやシュートに加えてスペースの管理も任されます。さらには守備に転じたときに備えてどう動くか、といったことも考えてプレイしなくてはいけません。

 

攻撃的にいくといえば何と言ってもシュートが大事ですが、攻撃的ボランチに求められる動き方はロングシュートです。例えば味方が攻めてシュートを打ったとします。そこで相手キーパーがボールを弾いたときに、ボールがボランチのところにこぼれてくるという状況はよくあります。

 

その時にチャンスを作るという意味でも、カウンターを防ぐという意味でもロングシュートを打つ選手が多いです。ゴールが決まれば御の字ですし、決まらなくともピンチを防げるという理屈ですね。

攻撃的ボランチの攻め方と役割

近年のサッカーは以前のようにボランチを一人配置しておけば対応できるわけではありません。
攻撃的ボランチと守備的ボランチを置くというのが現在の主流であり、理にかなっています。

 

何故攻撃的ボランチと守備的ボランチの2枚を配置するかというと、サッカースタイルの変化にあります。
今のサッカーはプレッシングサッカーといって、相手にプレッシャーをかける事でボールを奪いに行きます。
個人技で打開できる場面は少なくなっているので、各々の役割を決めて動き方を変えるというわけです。

 

欧米ではダブルボランチの動き方に特徴があります。攻撃的ボランチは縦に動くことが多いです。
積極的に縦に動いて、サイドハーフの選手やサイドバックの選手との連動をはかります。

 

その代わり横への動き方はさほど多くありませんので、ダブルボランチという形を取り2人で対応します。
レジスタという展開力に長けた選手を攻撃的ボランチのポジションに置いて、もう片方のボランチに守備を多めに任せるという攻守のバランスを取っているチームも少なくありません。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。