スイーパーの練習

スイーパーとCBの連動した守備の練習

スイーパーの動き方はディフェンダーの要であり、相手を止めないと失点に繋がる場面がほとんどです。日々の練習が物をいうので、基礎練習やテクニックなどを磨くようにしておくと良いでしょう。

 

スイーパーはディフェンスの要であるので、やはり相手の動き方を想定しつつ練習したほうが効率が良いです。ボールを持っていない時、つまりオフザボールの動き方を学んだほうがディフェンスは有利です。ボールの扱い方は確かにサッカーにおいて基本ですが、相手にプレッシャーをかける方法を覚える事も大切です。

 

スイーパーはセンターバックと連動して守備をするので、練習の段階で動き方を合わせるようにしましょう。相手フォワードの2トップを想定した2対2の練習は、実戦向きで特に効果的です。

 

相手のフォワードは実戦ではセンターバックのマークを外す動きをしてくるので、スイーパーがそれをカバーするというのが理想です。ワンツーパスやドリブルで抜かれたときにの対応の仕方を練習しておくと良いでしょう。

スイーパー主体のサッカーは要練習

スイーパーの動き方をマスターするにはまずチーム戦術をしっかりと理解して練習しなくてはいけません。戦術やフォーメーションによっても動き方が変わってくる点に注意したほうが良いでしょう。スイーパーは3バックの時に最もその守備力を発揮します。と言っても連動した動きが出来なければ意味がありません。

 

味方との声の掛け合いがディフェンダーに限らず、サッカーには重要ですので練習から声を出していきましょう。ちなみにスイーパーが最も活きるフォーメーションは4-3-3であると言われています。

 

現代サッカーではあまり見られないフォーメーションではありますが、仕掛けてきた相手に対する守備力は抜群です。一方でオフサイドトラップなどの現代的な戦術が使いにくいという欠点もあるので、練習で連携を高めるしかありません。

 

4-3-3はスイーパーの動き方が鍵になるフォーメーションで、スイーパーが主役といっても良いかもしれません。ただし守備に専念する分、攻撃参加がしにくいという点には要注意です。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。