リベロの動き方

リベロが攻撃を組み立てチャンスが生まれる

リベロとは守備の選手でありながらも攻撃参加するポジションですがかなり難しいポジションでもあります。攻撃の役割を理解して、動き方を覚えておかなければ味方を混乱させるだけになってしまいます。

 

リベロの主な動き方は他のディフェンダーの選手からボールを受けて前線にパスを出す事から始まります。声を出してディフェンスラインを押し上げつつも、中盤や前線の選手にボールを供給します。前線にスペースがあるときなどはリベロからのパスが最大の見せ場となるでしょう。

 

中盤の選手がプレッシャーを受けているときにリベロが上がり、パスを受けてあげるのも立派な役割です。リベロの動き方一つで、中盤の選手が輝けるかどうかも決まってしまうくらいです。オープンスペースがあればそこに出て行って、中盤の選手のカバーをしつつ攻撃を仕掛けましょう。

 

リベロが上がり気味の時に中盤でボールを奪った時などは、フィニッシュに絡む動き方もします。ボランチの選手のように最前線へ飛び出したり、サイドへ開いてパスを受けてクロスを上げることもあります。

攻撃参加時のリベロの有効性

リベロとスイーパーというのは同じポジションでありながら、動き方で名前が変わります。守備に専念する人をスイーパーと呼び、攻撃参加も担当する人をリベロと呼ぶことが多いです。リベロは自由人という意味であり、その名の通りフィールドを自由に駆けめぐる動き方をします。

 

もちろん本職はディフェンダーであるので、守備が大前提にありますがチャンスの時は積極的に前に出て攻撃参加します。プロの試合ではリベロのポジションの人間が攻撃参加し、フィニッシュに絡むことも珍しくありません。

 

動き方や攻撃参加の比率はチームによって異なりますが、リベロは相手ディフェンダーから見るとマークしにくい存在です。つまりリベロが攻撃することで、相手がマークに付いてくるため味方フォワードのマークを外す事もできるのです。

 

これにより決定的なチャンスが生まれ、ゴールの可能性も飛躍的にアップするわけですね。一番最後方にポジションを取ることが多いため、攻撃参加の際には長い距離を走りますがそのリスクを補って余りあるリターンがあります。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。