攻撃的センターバックの動き

攻撃的センターバックは守備が出来てこそ

センターバックは攻撃的なポジションが苦手な人がやっているイメージがありますし、実際そのケースも多いです。しかし中にはディフェンダーでありながら、攻撃的なセンターバックの動き方をする選手も存在します。日本代表の闘莉王選手などは、時間帯によって攻撃的センターバックの動き方をしますよね。

 

主なプレイはセットプレイの時に前線に張り、ヘディングで得点を狙ったりシュートを狙うなどです。チームが負けている時はディフェンダーでありながらも、前線に張り付いて攻撃的に動きます。センターバックの動き方は本来は守備を重視するのですが、攻撃をすることで相手より人数的に優位に立てます。

 

ただし攻め上がるのは一長一短であり、センターバックが上がってしまうと相手にボールが渡った時は大ピンチになります。本来の守備が出来ているからこそ、攻撃的なスタイルも有効になるということを覚えておきましょう。攻撃をしたいが為に、本来の役割である守備をおろそかにしているようではディフェンダー失格ですね。

センターバックは攻撃でも無理をしない

本来、センターバックの動き方は攻撃的なものではありません。守ってなんぼのポジションです。相手フォワードをマークして、1対1で絶対に負けない強さが求められる守備位置です。

 

といっても完全に守備だけやっていれば良いかというと、それでは得点機会を減らすことになります。ディフェンダーが下からゲームを作り上げていくくらいの気持ちでなくてはいけません。

 

攻撃的な戦術を取っている時のセンターバックの動き方はいくつかやり方があります。まずは中盤の底にいる味方にパスを丁寧に出すことが重要視されています。

 

小中学生ではセンターバックがボールを持ったときに、闇雲に前に蹴り出すシーンが見られます。しかし、これではゲームの組み立てになっていませんし、パスをミスすればピンチに直結します。

 

攻撃的戦術であってもセンターバックの動き方は、とりあえず味方にボールを繋げる程度のものでも構いません。大きく蹴り出す前にまず、前をしっかり見てフリーの選手を探しパスをするのが良いでしょう。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。