守備的センターバックの動き

センターバックにはテクニックは要らない?

守備的センターバックというのは何より相手フォワードの突進を許さない動き方が求められます。センタリングやクロスにも対応できる高さがあれば他の技術が劣っていても十分通用します。

 

プロの選手でも守備的センターバックをやっていてボールを扱うテクニックがないという人はごまんと居ます。逆に言えばプロの水準に達していないボール扱いしか出来なくとも、センターバックに求められる動き方さえできていれば良いのです。

 

日本代表の中澤選手などはパスやドリブルなどはあまり上手い方ではありませんが、抜群の高さを持っていますよね。他にも高さや指示出しの上手さだけでディフェンダーを務めている人はたくさんいます。このように動き方を絞ることで、一つのステータスに特化した物があれば出来るのがセンターバックの面白さでもあります。

 

守備的であればそれほど攻撃参加を求められませんので、守備の練習に時間を割ける事も出来ます。相手の動きを見てディフェンスラインを動かすテクニックや、ヘディングの練習をしておくと良いでしょう。

センターバックはゾーンを上手く使おう

4バックの時は守備的センターバックが2人いるので、3バックの時とは動き方が変わります。2人のセンターバックでゾーンディフェンスを行うことで役割分担を明確にせず柔軟に対応していきます。

 

ストッパーやスイーパー、リベロと動き方を分担することもありますがゾーンディフェンスではそれがありません。柔軟に動く分適切な対応力と素早い判断が求められるので難しい戦術の一つと言えるかもしれません。

 

4バックのゾーンディフェンスでは、片方の守備的センターバックが相手に釣られた場合フォローすることが多いです。常にお互いの守備的センターバックがフォローし合うことで、ミスを防ぎ相手に決定機を作らせない狙いがあります。

 

動き方を臨機応変に変えていくことで、その時々にリベロになりスイーパーになり、そしてストッパーにもなるということです。味方陣地の空いている場所を素早く埋める動きで、相手よりも枚数を増やすことも出来ます。ただでさえサッカーでの守備は攻撃よりも有利とされていますので、2対1では圧倒的に守備的センターバックが優位に立てるわけです。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。