サイドバックの練習

サイドバックと基礎練習のやり方

サッカーが上手くなろうと思ったらとにかく練習するのが上達の秘訣です。サイドバックの選手が動き方を学びたいのならテレビや試合観戦でプロの動きを見るのもよいでしょう。

 

サイドバックの練習方法はとにかくボールの扱いをうまくする事です。基礎練習が最も大事といえるでしょう。正しいボールコントロールと、ドリブルする時の動き方なども身につけておいたほうが良いです。

 

サイドバックの練習方法ではありませんが、キックのフォームを繰り返しチェックすることも必須です。野球で言えば素振りに該当しますが、何千回何万回とやって初めて体の動き方が身につきます。毎日欠かさずやっても良いくらいの練習なので、是非取り入れるようにしましょう。

 

リフティングも一見あまり重要でないように見えますが、ボールタッチを覚えるのに最適です。軸の安定にもつながり、体が疲れているときに大変役に立つことは間違いありません。リフティングは上手い人などは両足交互にやることもありますが、練習する時は利き足のみで十分です。

サイドバックにはスタミナが必須

サイドバックの動き方は時として試合の流れを決めるほど大切になることもあります。例を出せば、日本代表がワールドカップでカメルーンと対戦したときに長友選手が出ていました。彼はカメルーン代表のエースであるエトー選手を完封して日本に勝利をもたらしましたよね。

 

このようにサイドバックが相手のエースを抑える動き方をすることも珍しくありません。守備一つでチームが変わることもある、と頭に入れて練習すると良いかもしれませんね。具体的な練習方法は1対1に負けない体力作りと、勘を身につけることが重要です。

 

サイドバックは1対1の局面で負けないという動き方が前提になりますので、繰り返し練習しましょう。チームの戦術に関わらず1対1で強いサイドバックというのは重宝されますので、スタミナを付けることです。

 

スタミナを付ければそうそう抜かれることもありません。瞬発力をつけるトレーニングも良いですね。相手が攻めてきても簡単に飛び込まないように心がけておく事も、サイドバックの動き方には必要な練習法です。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

元Jリーガー越智隼人さんによるDVD教材。

 

楽しみながらドリブルテクニックを身につけられる子供向けDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。